腰が痛い…どこに行けば一番早く治るのか?整形外科・整骨院・整体院


「朝起きたら急に腰が痛くなったので、どこに行ったらいいのか迷っている」
「3カ月以上整形外科や整骨院に通っているけれど、良くならなくて困っている」

このブログはこのような悩みを抱えているあなたに向けて記事を書きました。

腰が痛いときはどこに行けば治る?

厚生労働省の発表によると、国民の約3人に1人の割合で何らかの筋骨格系の自覚症状を抱えているという発表しています。その中でお最も多い自覚症状の1つが腰痛です。

腰痛を抱えている患者さんは15年間で40%も増えているという数字も出ています。また、医療機関に通う理由の第3位にも入っているのでなかなかの好成績ですね。

何故こんなにも要津が増え続けているのかと言う理由については、「腰痛の原因が解明されていない」「腰痛に効果的な治療法が存在していない」という点があります。

多くの方は、腰痛になったら整形外科を受診して原因を探るためにレントゲンを撮る、そして診断を受けた後に薬や湿布の処方、リハビリという流れが多いと思います。

しかし、アメリカの場合では腰痛を感じた場合はまず民間療法や温熱療法、徒手療法といった治療を受けた後に改善されない場合にレントゲンを撮影して薬を処方されるというまったく日本とは逆の流れです。これは日本とアメリカの保険制度による違いもありますが、詳しくはこちらをごらんください。

腰痛が治っていく過程が真逆だったとしても、統計によって結果は明らかになっているので、日本による腰痛治療の考え方や治療法が間違っていることも1つの理由として考えれます。

では、もし腰痛になったとしたらどこへ行くべきなのか?

腰痛はどこに行けば一番早く治るの?整形外科・整骨院・整体院の目的と違い

主に腰痛になったとしたら整体院・整骨院・整形外科の3つの選択肢となると思いますので、各施設ごとの目的について説明していきます。

整形外科とは

整形外科は唯一「診断行為」を行える医療機関です。肩こりや腰痛などの自覚症状で整形外科をかかった際に診断が下されますが「日本臨床整形外科学会のサイト」で診断の基準について説明されていますので、引用させていただきます。

肩こり、腰痛、神経痛のとき

原因がどこにあるか診断することが大切です。肩こりの場合には、くび(頚椎)か肩に、腰痛の場合には、主に腰に原因があります。レントゲン等で、骨の状態を検査します。神経痛も、多くは、くび(頚椎)やこし(腰椎)に原因があります。又、時には、癌の転移による痛みもあります。したがって、しっかりした診断のもとに、治療することが、早く病気から解放される秘訣です。首や腰に原因がある神経痛では、手足の筋肉がやせて、力が弱くなることがあり、保存的治療で治らない時には、手術をしなければならないこともあります。

関節が痛いとき
まず痛みの原因を確かめなければなりません。原因が外傷やスポーツと関係がないか、リウマチではないか、老化によるものかなど診断しなければなりません。それによって、治療も異なってきますが、原因としては、年をとったり、その上、体重がふえて関節が変形することによる関節痛が、最も多くみられます(変形性関節症)。多くの人は、関節のまわりの筋肉の力を強めたり、関節を暖ためたり、体重を減らすことで症状は軽くなります。しかし、病状が進行すると、手術に頼らなければ治らない場合もあります。(人工関節など)
引用元:日本臨床整形外科学会のサイト http://www.jcoa.gr.jp/content/seikeimiru.html より

整形外科の診断基準から見てわかるとおり、「骨の異常」について発見してくれます。老化や関節の異常、体重の増加によってへんけいしているから痛みを引き起こしているものも関節の痛みに含まれます。

だから、整形外科を受診するとレントゲンを撮影して「変形がある」「ヘルニア」「加齢のせい」という診断がされます。

特に骨に異常が見つかって痛みの原因だと考えられる場合には、適切な治療をされると思います。しかし筋肉の異常で腰痛が起きている場合には整形外科では適切な治療が受けられないかもしれません。

整骨院とは

整骨院は「柔道整復師」と呼ばれる国家資格所有者が施術を行う医療機関です。整骨院というと保険が適応されるイメージがあると思いますが、対象となるものは「骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷」の5つのケガのみです。また、骨折・脱臼については応急処置は認められているおのの、制服後の治療に関しては医師の診断書が必要となります。このことから慢性的な腰痛や肩こり、膝の痛みは保険が適用されないものと理解していただけると思います。

そもそも柔道整復師の仕事は「ケガの応急処置」なので、慢性的な関節の痛みや筋肉の治療は適応外になります。

また、多くの整骨院では高齢者の方が安くマッサージを受けられるという目的で通院されることもありますが、不正請求の可能性が高く整骨院の先生が逮捕されているケースも少なくありません。

しかし、整骨院の先生の中には慢性的な関節の痛み、筋肉が原因による腰痛に対してしっかり勉強されている方も多くいることも事実です。ですから整骨院では筋肉や関節が原因となる腰痛を治せる可能性もありますが、保険適応にはなりません。

近隣の整骨院が保険を適応させて安くマッサージが受けられるところなのか?しっかりと原因を追究してくれてあなたの腰痛と向き合ってくれるところなのかを見極める必要があります。筋肉や関節が原因となって起きている腰痛であれば軽快する可能性は非常に高いです。

整体院とは

整体の場合は民間資格を所有して店舗を出されている方が多いです。カイロプラクティックやオステオパシーというものが整体に含まれますが、中には独自の理論や治療を開発されている方もいます。しかし、整体に限ったことではないですが、ピンキリのレベルです。施術を受ける前に見極めることはこんなんなので、利用者の感想や先生の想いなどを参考にして、どのような治療をされているのかをホームページやSNSで検索して確認してみましょう。

また、民間の資格だからといってそれだけで良い・悪いが決まるということではありません。国家資格者だから偉い、正確な治療が出来るという判断も間違っているので、通っている方や評判などで行かれることがいいのではないかと思います。

整体院の場合は、慰安目的のところも存在しているので事前に調べて自分に合った場所なのかを確認しましょう。

 

腰が痛い…どこに行けば一番早く治る?整形外科・整骨院:まとめ

整形外科ではレントゲンを撮影して、骨の異常が見つかれば適切な治療が進められていきます。

整骨院は柔道整復師という国家資格を持った先生がケガに対しての応急処置を行う医療機関です。ケガに対して特化していますが、中には筋肉や関節の治療を得意としている方もいらっしゃいます。しかしそのような場合は自費診療となるので、ケガではない限り保険適用はされません。

整体院はリラクゼーション目的の所もあるので非常に見つけることは難しいです。また独自の理論や施術法のところも存在しているので、口コミや評判などを頼りにすると良いと思います。

私の意見ではありますが、保険を使用して慢性的な腰痛を治すことは非常に難しいです。何故なら施術を出来る範囲が限られているからです。腰の痛みが出ていて原因がふくらはぎにあったとしても、その部分の施術は保険治療では出来ません。

なかなか少ないとは思いますが、自分と似た方がもし周りに居て改善された方の口コミや評判を元に判断してみると、いい治療院選びに繋がるかもしれません。

あなたの腰痛は良くなります。もしも3ヶ月以上も治療をして腰痛が治っていないのであれば原因と治療法が間違っているだけです。