妊娠中の坐骨神経痛は産婦人科では治らない3つの原因

公開日:2020/01/08  最終更新日: 2020/07/31

妊娠中は腰痛も多いですが、同じようにお尻から足にかけての痛みを抱えているママさんは非常に多いです。

このブログに行きついたあなたも同じような悩みを抱えているんじゃないでしょうか?

妊娠6か月ごろから徐々にお尻が痛くなって歩くことが辛くなってきた
骨盤周りが痛くて仕事中もしんどい
夜寝ている時も痛くて目が覚めてしまう

このような悩みを抱えているあなたに向けて書きました。

妊娠中の坐骨神経痛は産婦人科では治らないの?

妊娠中の坐骨神経痛を抱えているママさんのほとんどは、

産婦人科では坐骨神経痛は治らないだろうから出産までは仕方ないか・・・。そんな思いで病院に行かられる人は多いと思います。

妊娠中や産後のママさんは色々我慢するしかないかって思うのかもしれません。

でも産婦人科も病院んですが、何故坐骨神経痛が良くならないのでしょうか?そこで今回は妊娠中の坐骨神経痛の原因と病院では治らない理由をご紹介していきます。

妊娠中に坐骨神経痛が起こる原因は?

妊娠中に坐骨神経痛が起こる原因は以下の3つが考えられます。

  1. 骨盤が緩まる
  2. 重心バランスの変化
  3. お尻の筋肉(梨状筋)の緊張

1.「リラキシンの影響」で骨盤が緩まる

妊娠すると、「リラキシン」というホルモンが分泌されています。このホルモンは出産に向けて骨盤周りの筋肉や関節を緩める働きがあるので、出産時に赤ちゃんが通る産道が開いていくのです。

しかし、骨盤は身体の中でも土台となる部分なので、骨盤が緩むことで背骨や筋肉の緩みも起こりやすくなるので身体を支えようとして筋肉も頑張るので疲労を溜め込みやすくなっています。

すると、腰やお尻の筋肉に大きな負担をかけるようになってくるので、坐骨神経痛が起こりやすくなります。

2.重心バランスの変化

妊娠6か月ごろから徐々にお腹は大きくなってきます。お腹が大きくなることによって重心が前にいきやすくなり、バランスを保つために腰を反らしやすくなります。

特に妊娠中は体重の増加もあり、お腹が前に出れば出るほど腰やお尻の負担も大きくかかってくるので坐骨神経痛が起こりやすくなります。

3.梨状筋(りじょうきん)の緊張

坐骨神経の上を通る「梨状筋」というお尻の筋肉が緊張することで、坐骨神経痛を直接圧迫したり引っ張ったりすることで痛みが出ることがあります。

また、妊娠中はお腹が大きくなると、足を前後に動かしにくくがに股のような状態になります。すると普段よりも足を横に広げて歩くようになってくるので、この梨状筋の使用頻度が高くなってくるのです。

妊娠中の坐骨神経痛が産婦人科では治らない3つの理由

  1. 病院では痛みの原因を断定できない
  2. 骨盤を安定させる治療法がない
  3. 痛みを和らげることが目的

病院では痛みの原因を断定できない

病院は唯一診断行為を行える医療機関ですが、妊娠中はレントゲン検査も行うことが出来ません。レントゲンを撮影する場合は放射線が照射されるので、赤ちゃんへの影響を与えてしまう可能性が高くなるので、基本的に使用することはありません。

また、レントゲンを撮れたとしても「骨」の検査となるので、妊娠中は筋肉や関節といったことが多く診られるのです。すると筋肉や関節を得意としている病院でないと判断できないのです。

骨盤を安定させる治療がない

妊娠中は特に体調の変化も起こりやすく坐骨神経痛の患者さんを診ていたとしても、妊娠中の方の治療法を理解していない人がほとんどです。

もしも病院に勤務しているリハビリの先生がいたとしても、ストレッチや運藤療法をするか、簡単なマッサージを行うくらいになります。

無理にストレッチや運藤療法をして痛みが強くなる場合も考えられるのでマッサージくらいしか選択肢が無くなってしまうのです。

痛みを和らげることが目的

病院の場合は、湿布を処方してくれる医療機関になりますが、湿布の種類にもよりますが、「非ステロイド性消炎鎮痛剤」が含まれているものだとしたら、胎児へ血液を送っている血管が閉じてしまい十分な栄養を送り込めないと言われています。

また、

2014年に厚生労働省が「第一類医薬品の湿布薬」「第二類医薬品の湿布薬の一部」は妊娠中に使用してはいけないと発表しています。

実は妊娠中よりも産後の方が坐骨神経痛が痛やすい理由

実は妊娠中も坐骨神経痛になりやすいこともありますが、産後はもっと増えてくることが考えられます。理由は以下の5つのことが考えられます。

骨盤底筋が弱る

妊娠中は骨盤内にある骨盤底筋が緩むことによって出産を可能としてくれます。しかし産後に緩まった状態が続くと骨盤周りの症状や尿漏れなども起こることがあります。しかし、体操やストレッチでも回復させる可能性もあります。

血行不足や貧血

女性特有のむくみや冷えなどは血流不足で起こります。血流が悪くなることで痛みやしびれなどの症状を引き起こしやすくなります。しかし血流を良くすることは運動療法などで可能です。

骨盤周りの関節の緩み

出産後はホルモンの影響で関節をつないでいる靭帯は緩んだ状態になってきます。基本的に元の位置に戻りますが、個人差はもちろんあります。場合によっては半年以上戻らない方もいますが、骨盤体操などで予防することも出来ます。

 

また、産後は睡眠不足やストレスなどによって身体の鎮静機能が低下することで痛みを引き起こしたり、育児や受注中での姿勢によっても痛みを強めてしまうこともあるので、注意が必要です。

まとめ

産婦人科のような病院では相談することは可能です。しかし、根本的に坐骨神経痛を治すことは出来ません。もし妊娠中に坐骨神経痛が酷い場合は以下の対処法を試してみてください。

妊娠中に坐骨神経痛になってしまった時に行うオススメ5つの対処法

産後も育児や家事によって身体への負担も大きくなってくるので身体を大事にしてくださいね♪