変形性膝関節症【市川市妙典のけやきの森整体院】

公開日:2022/03/24  最終更新日: 2022/03/25

こんなことで困っていませんか?市川市妙典にあるけやきの森整体院

  • ・椅子から立ち上がる時や歩き始めで膝が痛い
  • ・長時間歩くと、膝の内側が痛くなる
  • 太ももの筋トレを続けていても、なかなか膝の痛みが取れない
  • ・膝を深く曲げたり、伸ばしたりする動作で膝の周りが痛い
  • 階段の昇り降りで、膝のお皿の下や膝の中が痛く感じる
  • ヒアルロン注射を定期的に打ってもあまり変化がない
  • ・『手術をしないと良くならない』と言われたが、出来れば手術はしたくない

このような悩みがある方は、是非続きをご覧になってみて下さい。

変形性膝関節症とは?

男性よりも女性に多く見られ、年齢を重ねれば重ねるほど発症する確率は高くなると言われています。肥満や遺伝子素因も関係されると言われており、発症初期では

  • 立ち上がる、歩き始めなどの動き出し時に膝が痛む
  • 休めが楽になるが、正座や階段昇降などの膝の曲げ伸ばしが困難

ということが起こるとされています。

また、症状が強くなると

  • 安静時でも膝が痛い
  • 変形が見た目でも分かるようになり、膝が伸びない

と言われています。

変形性膝関節症になってしまう原因

以下のようなことが原因となり変形性膝関節症による膝の痛みを引き起こすとされています。

  • ・関節軟骨の老化のよるもの
  • ・肥満や環境因子
  • ・骨折や靭帯損傷などの外傷による後遺症
  • ・化膿性関節炎などの感染症の後遺症
  • ・加齢により関節軟骨が弾性力を失うことで、軟骨がすり減り関節の変形によるもの

このように言われています。

市川市妙典のけやきの森整体院での膝痛施術方法

市川市妙典のけやきの森整体院では、変形性膝関節症による膝の痛みを取り除くことを得意としています。

膝の痛みは人それぞれ起こる場所は異なり、「膝の内側・外側」「膝のお皿の下、上」「膝の中が痛む」「膝裏が痛い」など訴える場所によって考えられることも変わってきます。

1.膝が痛む原因の特定

変形性膝関節症だからと言って、必ずしも膝の痛みが出るわけではありません。しかし、膝の周りに痛みが出ているという場合は、何かしらの原因が必ず隠れています。

いつから膝の痛みを抱えているのか?」「どんな時に膝が痛いのか?」などの症状を把握し、検査を行い考えられる原因を確認していきます。

この原因の部分を明確にしなければ、いくら施術方法が素晴らしいものでも良くなることはありませんので、一時的に良くなるものもありますが、長期的に症状を出さないためには、必要不可欠なものになります。

2.3つの痛みのセンサーへの施術

痛みのセンサーとは、真皮(皮膚)・筋膜(筋肉)・関節包(関節)の3つの部分にあります。特に変形性膝関節症で良く言われる軟骨がすり減っているからということについては、70歳でも80歳でも年齢問わず、軟骨は再生すると言われています。

軟骨は「関節包」と呼ばれる部分に対して酸素、つまり血液を送り出すことが重要とされています。また、膝の周りには腰から降りてくる神経も関係してくるので、神経の伝達が滞らない為にも血流改善は重要となります。

真皮の血流が悪い状態であれば、テーピングやマッサージ、筋膜に対しては整体や筋膜リリース、関節包に関しては加重を加えずに膝を動かす運動操作などで痛みのセンサーへ血流を促していきます。

3.下肢の柔軟性をアップさせる施術

変形性膝関節症を患っている多くの方が、股関節の可動域が低下していることによって膝の痛みが出ています。股関節は体重の約6割の負担を受けるとも言われているので、周辺にある腰や膝への負担を強めてしまいます。

変形性膝関節症は字のごとく「症」という文字なので、「症状」の略称です。もしも炎症が起こているとしたら「変形性膝関節炎」となっているはずですので、病気ではありません。このことを理解していただき、股関節の前後・左右・回旋といった6通りの動きを広げていくことで、今まで使えていなかった部分を使うことで、膝にかかっていたストレスから解放させていきます。

また、膝は股関節と足首に挟まれている関節になるので、足首の柔軟性も重要となってきます。膝に負担を減らすためのクッション作りをストレッチや運動で行っていきます。

最後に

変形性膝関節症は、「加齢のせい」など「仕方がないことなのかな?」と思ってしまいそうですが、決してそうではありません。もしもそうであれば、同年代の人のほとんどが同じ症状を抱えているはずですが、いかがでしょうか?おそらく、そうなっていないと思います。

なので、変形性膝関節症と言われても、必ずしも膝の痛みが出るとは限りません。

膝の痛みが解消している人たちが、改めてレントゲンを撮影しても実は構造的な問題には変化がありません。ということは、構造的な問題(変形性膝関節症による膝痛)ではなかったということです。

私たちのような整体院や整骨院では構造的な問題は解消出来ません。しかし、症状の問題であれば解決できる可能性は高いです。

膝の痛みで悩んでいる方、なかなか膝の痛みが改善せずに苦痛を感じている方は、市川市妙典のけやきの森整体院に一度ご相談ください。