妊娠中のお尻の痛みやしびれ!妊娠中の坐骨神経痛の治し方3選

公開日:2020/08/12  最終更新日: 2020/08/12

妊娠中でお尻の痛みがなかなか取れなくて、何かいい方法があれば知りたい
お尻の痛みやしびれは妊娠中は仕方ないのかな?と諦めかけている

このブログは、このような悩みを抱えている妊娠中のあなたに向けて書いています。【

妊娠中のお尻の痛みやしびれは何なのか?

お腹が大きくなってくると、どんどん腰も反りやすくなって腰痛も出やすい状態となります。妊婦さんの中でも多い症状の1つが「お尻が痛い・しびる」といった症状です。果たしてこの症状は何なのでしょうか?
このブログを最後までご覧いただくと、お尻の痛みやしびれの原因や治し方を理解することが出来ます。

妊娠中のお尻の痛みやしびれは坐骨神経痛?

腰から足にかけて人間の中でも最も長く太い神経が「坐骨神経」と呼ばれるものになります。この坐骨神経の走行上に何らかの負担が重なってくると「お尻が痛い・しびれる」といった症状のほか、太もも裏やふくらはぎ、腰痛といった症状を引き起こすことがあります。

坐骨神経痛の場合、「椎間板ヘルニア」や「腰部脊柱管狭窄症」といった疾患でも起こるのですが、妊婦さんのほとんどの場合は、筋肉が硬くなって血流が悪くなることによって引き起こされている可能性が非常に高いです。それは出産に向けて「リラキシン」というホルモンが分泌されることで、骨盤周りの筋肉や靭帯を緩めます。緩んだ影響によって負担が大きくなり筋肉が硬くなって坐骨神経痛を引き起こしてしまうことが多いようです。

妊娠中にお尻の痛みやしびれを治す方法

坐骨神経痛の場合は、簡単に言うと「血流を良くする」ことが必要となります。神経の周りには「伴行動脈:ばんこうどうみゃく」と呼ばれる血管が通っており、この部分を圧迫していることで痛みやしびれが出てしまうと考えられています。ですから、この部分の血管を広げてあげればいいのです。

テニスボールを使用したセルフマッサージ

痛い方を下にして横向きになった状態で、テニスボールをお尻のほっぺたと骨盤の間に入れます。痛みが強すぎない程度に刺激を入れて、上下左右に体を動かしてお尻の部分に当たっていることを確認してみましょう。

もし、痛みが強くなったりする場合は中止してください。心地良いくらいの強さが効果的です。

お尻のセルフマッサージ

お尻回りをマッサージで刺激することによって腰痛も軽減できる場合もあり、足などの負担を解消することが出来ます。

痛い方を上にして腰からお尻回りをゆっくり押していきましょう。最初は軽めに擦ったりして、少しずつ力を強めながら60秒間かけて深呼吸をしながら行うことがポイントです。

寝る姿勢

一番理想的な寝方は痛い方を上にして横向きになることです。こうすることで、直接筋肉を圧迫せずに済みますが、長時間寝てしまう場合はその反動で他の部分も痛みやすくなってしまいます。そのような場合は、仰向けになった状態で軽く膝を曲げられるように膝裏に丸めた枕などを入れて対処しましょう。

妊娠中の坐骨神経痛にはストレッチは効果的?

腰回りやお尻の筋肉が硬くなることによって、坐骨神経痛が悪化してくることも考えられますが、寝る姿勢やセルフマッサージを加えることによって腰痛や坐骨神経痛の改善が期待できます。

ですが、妊婦さんの場合はお腹も大きくなっている状態なので一般的な坐骨神経痛に対してのストレッチとは異なりますので、無理の無い範囲で行うようにしてみましょう。

妊娠中の坐骨神経痛ストレッチ

  • 床に座って、足を八の字に開く
  • 視線を前に向けたまま、片方の足裏をもう片方の太ももの内側に着ける
  • 膝裏が伸びている感覚が出ていればOK
  • この時に呼吸をゆっくり行い、前屈する時にゆっくり息を吐く

両方の足を10秒ほどストレッチするようにしましょう。特にお腹を圧迫させないようにすることがポイントなので、痛みが強い場合やお腹が張った状態では一度中止して身体を休めるようにしましょう。

妊娠中の坐骨神経痛は病院に行くべきか?

セルフマッサージや寝方、ストレッチなどを試しても坐骨神経痛が改善されない場合は、一度産婦人科を受診して相談してみましょう。場合によっては整形外科を紹介してくれたり、整体で改善することもあります。

ただし、整形外科では妊娠中の場合はレントゲンによる画像検査や投薬治療が出来ない為、整体を受けても危険性が無いのかを確認してみましょう。

坐骨神経痛が悪化してしまうと日常生活にも支障をきたす恐れがあるため、早めの対処が大切です。

妊娠中のお尻の痛みやしびれの坐骨神経痛:まとめ

妊娠中は出産に向けて骨盤が緩んできたり体調の変化などで、坐骨神経痛の症状で悩まされているママさんも多くいらっしゃいます。

お尻が痛い・しびれるといった症状の場合は一度産婦人科の先制に相談してみましょう。坐骨神経痛が悪化してしまうと、日常生活にも支障をきたす恐れがあるので、症状が軽いうちにセルフマッサージ屋ストレッチといった軽い運動の習慣も必要です。

出産後も子供の抱っこや授乳といった育児によって腰や足といった部分には負担がかかることが予想されるので、出産前の妊娠中から適切なケアが必要不可欠です。